日本酒大好き!クラシック音楽大好き!

アクセスカウンタ

zoom RSS オーケストラ千里山 第17回演奏会

<<   作成日時 : 2011/06/22 01:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像日曜日、オーケストラ千里山 第17回演奏会でした。

今回は、お誘いいただいた時、
アタイ
「シルビアに乗せてもらえるなら、幻想2ndでもOK☆バッカナールも乗れなくても良いです♪とにかくシルビアやりたい!」

とワガママを言わせていただいて、出演させてもらいました。
結果、練習順の都合、使用楽器の都合等で前曲2曲とも出演させてもらう事になりました。

速く日記を書かないと記憶が薄れてしまうのが嫌なので、サッサと書こうと思います。


今回の演奏会を振り返るに当たり、日記は16日(木)から始まります。。。。



2011年6月16日(木)

この日は、大阪で仕事(特別チャリティイベント)があり、終了後の懇親会が20:30〜ということで、その日に帰るのを諦めて、大阪に宿泊。懇親会も結構お酒飲みましたが、滅多に無い大阪宿泊ということで、懇親会後の『もう一軒。。。』にも、喜んでお付き合いしました。結果、結構みんなで飲みまくり、盛り上がりまくりの飲み会となり、仕事ではありましたが、とっても気持ちが良く、そして、(仕事への)活力となる…そんな飲み会でした。


2011年6月17日(金)

大阪宿泊から、豊橋へ移動してお仕事☆前日のメンバーも何人かそのまま移動してのお仕事でしたが、夕方から始まるイベントは大盛り上がりでした。そして、2日目の懇親会と反省会。昨日のイベントとは主催者が違うので、これまた大盛り上がりの懇親会となりました。 それにしても、豊橋は得意先と一緒に飲みに回る軒数が多くて、少々飲み疲れました。結局、ホテルに戻ったのは…朝方4時頃。。。ホテルの門限は完全に無視です。。。申し訳ありません。。。


2011年6月18日(土)

お昼から始まる前日練習に行くため、朝8時豊橋発の新幹線に乗りました。
っていうか、自分でもよく乗れたな。。。と思います。(かなりヘロヘロ)
一旦、家に帰り、楽器を積み込んで、いたみホールへ向かい、前日練習参加。
ホールに到着すると、大学時代の同級生が3ヶ月の子ども(赤ん坊)を連れて来てて、初対面のご挨拶。
練習中さすがに眠気がヤバくなってきて、降り番の間、客席でウトウトしました。
まぁ、幻想の1〜3楽章って心地いいッスからね☆


2011年6月19日(日)

本番当日。  毎回思いますが、いたみホールって、よく鳴るホールですね。
どれくらい響かそうか、どれくらいのバランスがいいのか、色々と試せて、勉強になるゲネプロでした。
お昼にお弁当をいただいて、バタバタと本番の用意。

本番は、
《追悼演奏》
演奏後の拍手の代わりに『黙祷』って、とっても厳粛で凛とした空気がありました。照明が発するビープ音が『シーン』という音に飲まれていく感覚は、とっても身の引き締まる体験でした。


《バッカナール》
吹く箇所はやや少ないものの、たくさん吹いて、よく楽器を鳴らす(響かせる)事とが出来ました。この曲は、吹奏楽でやった方がTubaの出番が多いので、ソッチの方が楽しいかも。。。です。
  ※スイマセン。あくまでTuba的に。。。アタイ的に。。。の意見ッス。

《シルビア》
アタイ、ホンマこの曲好きです。大学現役生の時もやりましたし、OBとして出演させてもらった時もやったような?です。多分、アタイのことを知ってくれている人が聴いたら「NAN楽しそうやな」「気持よさそうに吹いてんな」と、分かってもらえたのではないでしょうか? もちろん、何度か経験している曲でしたので、要所要所で指揮者の方(M川さん)と目が合って吹けたし、弦楽器・木管楽器の音や曲の流れも、しっかり聴こえて乗れましたので、とっても充実した演奏ができました。本当にありがとうございました。

《幻想交響曲》
1〜3楽章の待ち時間が長くて、ゆっくり舞台上で曲を聴きながら、楽しみながら出番をまってましたが、ハラハラ・ドキドキするシーンがあり、ゆっくりと…というわけにはいきませんでした。
4楽章からのTrombone&Tubaパートは、ある意味『よーいドン!』な所もありますが、アタイは2ndで吹く箇所が少なかったので、しんどいって事はなかったですが、Tuba1st奏者が上手やったので、吹く箇所は全部緊張&気合が入りました。あんだけ隣で一生懸命に吹かれたら、コッチだって気合入りますよ☆結果、5楽章のレイの『Double High B♭』は、1stがひねり出すように当たり、アタイは音を外してしまいました。というより、あと少し届かなかった。。。残念。。。やっぱり、本番って怖いです。そして、本番の難しさをまた、勉強させてもらいました。
聴いてる方々に、どれほど伝わる演奏会だったかは分かりませんが、
是非個人的に聞いてみたいのは、『もっとああせな☆』『もっとこう吹かな!』『ここはこうやったで♪』と、建設的評価で、アタイへの個人評価を聞かせて欲しいです。

まっ、それはまた、飲みながらでも。。。

《アンコール》
ファランドール。Tubaパートの楽譜はありませんが、ボーッと座ってるだけなのは面白く無いので、曲を邪魔しないように二人とも吹かせてもらいました。


オーケストラ千里山のみなさんも、本当にお疲れさまでした。
今回は合宿にまで参加させていただいたので、より楽しい演奏会を経験することが出来ました。
また、一緒に演奏する機会を頂きました。
本当に嬉しいです。どうぞ、またよろしくお願いします。


ベスト・クラシック・100(2)(6CD)

ベスト・クラシック・100(2)(6CD)
価格:2,999円(税込、送料別)





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
オーケストラ千里山 第17回演奏会 日本酒大好き!クラシック音楽大好き!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる