NHKにんげんドキュメント~がんこ先生とぼくらのハーモニー~を観た!

先日、4月21日放送の

『NHKにんげんドキュメント~がんこ先生とぼくらのハーモニー~』

を観た。※録画しておいて観た。


今回取り上げられたのは、
『千葉県少年少女オーケストラ音楽監督』

佐治薫子(さじ・しげこ)さん(70歳)


≪番組紹介文≫↓転記↓
画像全身を使って演奏する小さなバイオリニストたち。つぶらな瞳でじっと指揮者を見つめる打楽器の女の子。聴衆は子どもたちが奏でるハーモニーに、皆、心を奪われる。この音色を生み出しているのは、10歳から20歳までの150名からなる「千葉県少年少女オーケストラ」の子どもたち。音楽監督を務めるのは佐治薫子(さじ・しげこ)さん、70歳。佐治さんはこれまで楽器に触ったこともない子どもたちを一から指導し、一流の音楽家も舌をまくハーモニーを奏でるまでに育て上げてきた。その指導は、「佐治マジック」と呼ばれている。「千葉県少年少女オーケストラ」は10年前に県内各地から子どもたちを集め、結成され、国内外で精力的に演奏活動を行ってきた。3月26日、オーケストラは一年の総決算となる定期演奏会を開いた。今年は結成10周年ということもあり、「第九」を選曲。演奏時間は70分を超え、子どもたちにとっては技術・体力ともに限界まで挑まなければならない難曲だ。音楽にかける子どもたちのひたむきな姿と、佐治さんと子どもたちとの心のふれあいを半年にわたって見つめた。

↑↑以上↑↑

この先生、とにかく『熱心』。
子供相手に『ここまでやるか?!』 ┐(゚~゚)┌って感じの『熱血ぶり』

でも・・・、こんな先生に出会っていたら人生変わってただろうな。。。

『音楽』を教えていると言うよりも『音楽をするという精神』
を教えているって感じだ。。。ホンマ、感動した。。。

・体を使って楽器を弾きなさい!
・150人みんなが必要な音を出してるの!
・みんなとのハーモニーが大切なの!周りを聴いて!


基本的な事だが、10歳やそこらの子供達にはレベルの高い話だと思う。

こんなオーケストラが近くにあったら、絶対子供を通わせます!
 ※『通わせたい(希望)』ではなく『通わせます(宣言)』。


と、そこへ登場したのが、アタイ等も学生時代メチャメチャお世話になった

『指揮者 現田茂夫』登場!
  ※ひげがなかったから、一瞬誰かわからんかった。

なんと?!『現田先生』も小学校時代『佐治先生』に音楽を習っていたと?!
スゲ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!
しかも、アタイの記憶が確かならば、アタイ等がまたまたお世話になった
『指揮者 田久保裕一』氏は、
『現田先生』の一つ年上で、小学校が一緒のはず。。。
つまり、今回の『佐治先生』は、『現田茂夫』&『田久保裕一』を指導した先生
っちゅう事?
キタ━━━( ´∀`)・ω・) ゚Д゚)・∀・) ̄ー ̄)´_ゝ`)-_-)=゚ω゚)━━━!!!!
これはすごい!

TV中に『現田先生』が言っていた言葉が印象的。
  ※小学校時代『佐治先生』に教えられた事だそうッス。


現『(楽譜を見せて)これはね。楽譜。

  音楽家が大事に残してきた、とっても大切なもので、

  みんなにとっても楽譜は大切だよね。

  でもね、これ・・・【紙】なの。。。紙の一番の欠点は、

  重ねた時に・・・(実際に重ねて見せて)見えない。

  重ねてしまうと、重なった方の紙はもう見る事は

  出来ないんだ。。。でもね【音】は、二つ重ねようが

  150重ねようが何しようが、全部聞こえるの。

  それがね【音】の一番良い所であって、

  【音楽】の素晴らしい所。 みんなは、

  その素晴らしい音楽をもっと感じて演奏しなきゃ。

  暗譜が出来て無くて【次の音は・・・】じゃなくて、

  次ぎに(音楽が)どんな風になるのか、

  もっと感じてごらん。。。(以下略)』


素晴らしいッス。やっぱ『惚れる!』クラクラ━(n‘∀‘)η━ !!!
小学生達に『現田先生』の言葉がどこまで伝わったかは分からないけど、
『(こいつ等)エエ経験してんなぁ~。』と、ホンマ、羨ましくなった。

≪裏ネタ情報≫
10歳の頃の『現田先生』がチェロで、『フィンランディァ』弾いてる映像が流れたよ。コレは貴重映像!っていうか『現田先生』あんま変わってない。。。_| ̄|○


情報によると『再放送』があるらしい。

時間があれば、是非観てもらいたい。っていうか『保存版決定!』

再放送:総合テレビ4月25日(火)午前0時00分~(4月24日月曜深夜)

みんなで観ましょう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年04月23日 18:28
TB、ありがとうございます。
現田先生の言葉、重みがありますね。
私もかつては吹奏楽をやっていたので
音の重なりの話、興味深く読まさせていただきました。
めでゅ
2006年04月23日 20:39
トラバありがとうございます!
この番組の存在は知っていたんですが、見る機会を逸してしまいました…
でも、NANさんの記事を見ただけでちょっと涙が出そうになりました。
音楽って凄いですよね!!
是非とも息子さんに熱い音楽を体感させてあげて下さい!
2006年04月24日 15:15
お酒以外の記事にもコメントしてみなくちゃね…の雅です(^^)

とはいっても、専門的なことは全く知らない。昨年ウクレレ買ってみたり、吹奏楽なら指揮者の佐渡裕さんが浮かぶ程度。雅が幼稚園の頃、童謡と同じように「第九」を歌ってたっけ。…そんなもん(^_^;)
だけど、音楽は大好きよ。お酒と同じくらいに。
プチ雅はヤマハ音楽教室に通ってます。雅の影響で音楽はジャンル問わず聴いてます。親ばかだけど「耳の良い」子供だと思うよ。幼稚園時、鼓笛隊のメジャーという大役を任せられたのが彼女には自信になってるし。
演奏や歌とか、なんでもいいの。とにかく音楽に触れさせてあげたい!字のごとく音を楽しめる子供に育てたいの。

…長々とコメントしてごめんね。
とにかく、この放送を見るよ!
NANさん、お酒だけなく音楽のご指導もよろしくね♪
2006年04月24日 23:49
>minamina様コメントありがとうございます。
現田先生はホンマ、カッコイイッス。音楽経験がない人達にもとっても分かりやすい説明だとも思いました。

>めでゅ コメントありがとう。
アタイの子どもはまだまだ先の話だけど、めでゅ達が何か参考になれば。。。と思います。再放送、もうすぐ始まる所だね。

>雅様コメントありがとうございます。
音楽は小さい頃からやっていると全然違います。アタイなんて小学校5年生から始めただけだから出遅れちゃってて・・・、でも、大切なのは『継続』ッスね。これからどんだけ楽器を吹いてられるか分かりませんが、出来る限り吹き続けたいと思います。
2006年04月25日 00:46
感動したぁー(T_T)
音楽って素晴らしい!!!
2006年04月25日 00:50
>雅様 コメントありがとうございます。
アタイもまたまた観てしまいました。
登場してた子ども達が、とっても素直で可愛らしかったでしょ?素晴らしいドキュメントだったと思います。
2006年04月26日 00:42
再放送見ました。

色々考えました。見逃さなくてよかった。
TBありがとうございました。
2006年04月26日 13:18
>HIDAMARI様コメントありがとうございます。
でしょう!でしょう!この番組は必見でした。アタイも音楽に対する『熱意』みたいなものが沸々と沸きました。燃えてキタ━(゚∀゚)━!!!!
かに
2006年04月30日 22:43
こんにちは。Cb弾きかにです。トラックバックさせていただきました。現田先生伝説もありますよ。彼がM小でチェロを弾いていた頃、佐治先生が「明日から運命の力をやります」といって一度だけレコードを聴かせてくれたそうです。で、仲間と楽器店に行って輸入版スコアの中から、譜面を見て「La forza del destino」を選び出したそうです。これは後に新星日響のVc奏者になった方から聞いた話です。
ちなみに田久保さんは私の高校オケの先輩なんですよ。
2006年05月01日 10:59
>かに様コメント&トラバありがとうございました。
現田先生凄いッスね。スゲ━(゚∀゚)━! 熱心に音楽をすることも大事ですね。最近はそれに付け加えて『継続』することの大切さを感じております。
音楽を『熱心』に『続ける』事が大事。。。
アタイも頑張ります。
yasu
2006年05月05日 22:32
この回、会社のテレビで見てました。
自分も学校時代はオーケストラをやっていたのですが、顧問の先生が同じようなことを言っていたのを思い出し、すっかり懐かしい気持ちに浸ってしまいました。
2006年05月06日 05:01
わたしもたまたまこの番組再放送を見ました。
ラッキーだったよ。
あ、オケのTVやってる~みよっと。。。
あ!!私のシゲオ様(現田氏)がでてるぅ~キャー☆と夜中に大興奮でした。

私もNANが書いてる現田氏の言葉、沁みました。
佐治先生の指導法も共感できる点ばかりであの番組を見れたのも神の思し召しとしか思えない!!

音楽やれてる自分てしあわせだな~
そうしみじみしました。

久々に現田氏の棒に振られてみたいなっ!
彼は私にとって初恋の指揮者☆
未だに初めて振ってもらったときのことを事細かに覚えてます。
2006年05月06日 23:00
>yasu様 コメントありがとうございます。
アタイもあの番組を見て熱いモノが沸いてきました。これからの音楽活動に対しての心構えを教えられたように思います。

>H嬢 コメントありがとう。
久し振りに『現田先生の棒』に触れたいね。
アタイも『現田先生』に教えてもらった事の一つ一つを大事に思います。とっても貴重な経験を学生時代に出来て良かった。そこに素晴らしい仲間もたくさんいたしね。合宿お疲れさま。
H嬢
2006年05月11日 04:19
今度、エキストラでマラ5をすることになり、昔のビデオを引っ張り出してきて観た。
現田先生の棒はすばらしいと思ってたあの頃とちょっとちがう目線で見れた。
先生は私たちが演奏しやすいように(おちたりしないように?)、かなり(異常に)細かく棒を振ってくれていた(オカゲで音楽性少)。当時、現田先生と演奏するといい演奏ができた気がしたのはこういった先生の思いやり(仕方なくかも?)からだったんだなと。
今の私ならきっともう少し音楽的プローチもできるような気がする。自分の過去の演奏と今の表現とを比べると、今のほうが明らかに上だったから。
これからも精進するわ、現田氏に振ってもらえる日を夢見て。。。
2006年05月11日 16:09
>H嬢 イイなぁ~マラ5。
どこで?いつやンの??また教えて下さいな。アタイも懐かしくなって、たまに学生時代のビデオ見ます。※みんなが若いッス。
現田先生の指揮っぷりもとっても勉強になります。H嬢が言うように(色んな意味で)細かく振ってくれているので・・・。
アタイも共に精進・・・。

この記事へのトラックバック

  • 佐治先生伝説

    Excerpt: 今日職場の23才の男性が小学校時代の話をしてくれて、「音楽は佐治薫子先生にならっていた」ということ。(彼はバスケでインカレまでいったという、非常勤講師です)おお、まさに、今日佐治先生の番組(にんげんド.. Weblog: 酒とばらばらの日々 racked: 2006-04-30 22:28
  • 音と光のでる絵本 3  「どんぐりころころ」

    Excerpt: ケイがよく遊ぶ音と光の出る絵本です。うちは、音と光のでる絵本3の「どんぐりころころ」があります。音楽に合わせて一緒に歌ったりしてます。電球が光って楽しいようです。指でボタンを押したり、足の指で押したり.. Weblog: 幼児教育をやってみよう! racked: 2007-02-01 20:56