日本酒大好き!クラシック音楽大好き!

アクセスカウンタ

zoom RSS 新しい相棒が嫁いできました♪

<<   作成日時 : 2011/02/16 00:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

先日、Tuba仲間のY野くんより、F管Tubaを譲っていただきました。(格安で。。。感謝★)

F管Tubaってそんなに吹いたことなかったですが、とにかく、
調の違う楽器を吹くのが久しぶりだったので、最初は難しかったです。
 ※頭の中が混乱したようでした。。。※


何だろ??
  ※B♭管 から C管 に持ち替えた時とは全く別物の感覚です。

違和感・・・というより、全く別の楽器を吹いている感覚でした。。。

何でだろ??
  ※運指もよくわかりませんし、ましてや、楽譜が読めん×××



10分〜20分くらい吹かせてもらっているうちに、
だんだんと体が楽器に慣れていくのがわかりました。

そんな簡単に楽器は自分の方に馴染んでくれませんから、
アタイから楽器に歩み寄って、楽器が鳴りたいPointを理解する様な感じです。

ピタっとくるまでは、もう少し時間がかかりそうですが、
譲っていただいた楽器は、とっても良い楽器で、F管入門楽器と考えるには
贅沢なくらいの楽器です。
楽器の年齢としては、おおよそ、30年くらいだそうです。
 ※アタイと同年代ってことです★※


ちなみに。。。


現在アタイが持っている楽器

《ヒルスブルナー C管 HBS392》
スイス製の楽器。少々発音に重さ(抵抗)はあるけど、
ベルの大きさ以上によく響く楽器です。
遠くまで音が響き、明るくて芯の強い音が鳴ります。

愛称:ヒルス
相棒イメージ:頑固で生真面目な老け顔の青年(あれっ?!アタイみたい??)
ヒルスのコメント:
『おいおい★俺をしっかり鳴らすには、 深いブレスとタンギング、
 ブレススピードとフィンガリングの全てをバランスよく
 極めてくれよな★たのんだぜ♪』
 (ナニコレ。。。理屈っぽ。。。)


今回、譲っていただいたのは
《ミラフォン F管 Miraphone NERO》
ドイツ製の楽器。第一印象としては、少々固めで乾いた音色。
でも、優しく丁寧に吹きこむと、答えるように音色が変化していく。
優しい一面もあるけど、扱い(吹き込み)次第で、直管楽器に近い
音色も出せる。

愛称:ネロ
相棒イメージ:ワガママでじゃじゃ馬なお姉様タイプ(ツンデレ??)
ネロのコメント:
『ちょっと★私はドライな音色が得意なんだから!
 優しくならない(鳴らない)のは、アンタのせいなんだからネ。。。♪』

 (何だコレ。。。ツンデレの意味すらようわからん。。。)


こんな感じの印象でしょうか?※あくまでアタイ個人的感想です。。。

ネロは、ヒルスに比べて、低い音での大きい音や豊かな響きは苦手です。
でも、コンパクトにまとまった音色と、ハイトーンの出しやすさ、音色の幅は
どんどん開発できそうです★



とにもかくにも、F管の練習です。
アタイと相棒2基、これからもよろしくお願いします。

今回、良縁を頂いたY野くんに感謝です★

画像は後日公開です♪

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
新しい相棒が嫁いできました♪ 日本酒大好き!クラシック音楽大好き!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる