日本酒大好き!クラシック音楽大好き!

アクセスカウンタ

zoom RSS ティルの感想≪後編≫

<<   作成日時 : 2008/01/30 23:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

なんだか、キーボードのタイピングの調子がいいので、

一気に後編を書いてしまいました。。。。。




本番が始まるまでの時間は約1時間半程あって、アタイはホールのホワイエで少しだけ個人練習してました。


そしたら、楽団主宰(F先輩※中学校吹奏楽部時代からのアタイの先輩)登場!

F先輩『NAN今、ヒマ?』
アタイ『ハイ!大丈夫ッス☆何ッスか?』
F先輩『悪いけど、入り口の所に、・預かりチケット交換所・当日券販売所・
    チケットのモギリしてパンフレット渡す受け付け・プレゼント受け付けの
    テーブル組んでくれへん?受け付けのお手伝いの関大現役生も遣って!
    任せちゃってもイイ?』


で、ホールの人に倉庫の鍵を開けてもらい、長机と椅子をひっぱり出しセッティング。

そこから『無いナイ』尽くし!
  ・(プレゼント受付等の)ボールペン
  ・プレゼント分ける袋
  ・セロテープ
  ・チケット半券入れ
  ・アンケート回収Box

何とか、全部手配しましたよ。。。(_ _;)

コンサートの運営って大変よね☆o( ̄ ^  ̄ o)

バタバタしながら開場5分前には準備完了!

ようやく楽器を控え室まで運んで、本番の衣裳に着替えて、
少し音だしして、、、いよいよ本番です☆(^ε^)


〜 本 番 〜

舞台袖で前曲の演奏を聴きましたが、優雅な音楽でありながら、後ろから見る奏者からは、
ある種の『気迫』が感じられ、集中力も凄まじく、音楽の根底に流れる力強さもあって、
ものすごくよかったです。

アタイもいつか、あんなアンサンブルをやってみたい!
あれだけ気合いの乗った、気迫溢れて、研ぎ澄まされて洗練されて超絶技巧なのに、あんなに美しくて、あんなに絡み合って、何より、あんなに楽しそうで、気持ち良さそうなアンサンブルを・・・。

憧れます。


前曲のお次は、ティルです。
舞台のセッティングもサクサクやって・・・って?舞台にあがるタイミングは・・・・? 誰が仕切るの?
そのタイミングは打ち合せ不足でした。。。(_ _;)

本番。

みんなの緊張感もビンビン伝わってきます!
でもこの曲は『愉快ないたずら』がテーマな曲。
真面目にやってたんじゃ、おもしろくありません。
何度も練習を重ねた、どんな情景を表現しているのか?ドコまで大げさに出来るか?
曲が進むにつれて、オケが乗ってきます!
スピード感・抑揚・うねり・混沌。。。

6/8のごちゃごちゃした感じも、結構うまくいきました。
ま、最終的には、いつもよりたくさん吹いて、思い切り吹けて、楽しかったッス!


で、休憩時間の間に、楽器を片づけ、服を着替え、ホールへ。

そこに、Tuba吹き仲間のY野クン登場!

Y野クン「NANさぁ〜ん☆お久しぶりです!」
アタイ「お?!Y野クン!来てくれたん?!ありがとう!」
Y野クン「ティルのTubaかなり聞こえてましたよ☆」
アタイ「ホンマ?!でも結構難しかったわぁ〜。」

というやりとりで、メインの『ブラ4』を一緒に聴きました。


〜ブラ4〜

生で聴くのは久しぶりでした。

どの演奏会を聴きに行ってもそうやけど、前曲に比べてメインの曲の完成度が高い。

あまりに印象的な弦楽器の冒頭から、歯切れの良い木管楽器へメロディーが移って。。。
マジで心地イイ感じでした。

普通、目を閉じて聴くと寝ちゃうやん?!
でも、今回の演奏は、目を閉じても音楽が体に染み渡るっていうか、寝るなんてもったいない!

だけど!目を閉じて、聴覚に集中しながら音楽を楽しみたい!!という衝動に駆られるような

そんな演奏でした。

アタイ的にはトランペットが『ブラームスっぽくて』かなり上手かったと思います。


満を持して登場する4楽章のトロンボーンもそつなくこなし、終始安定してます。

あんなメンバーでトロンボーン&Tubaオケスタやったら楽しいやろうなぁ〜、等と
妄想しながら(ニヤニヤしながら)楽しみました。

   ※アンサンブルは数曲やりましたが、オケスタの遊び道具は持っていってなかった。。。


アンコールに、(ブラ4メンバーだけで)ティルの最後10小節の

『 チャン ♪ チャン ♪ 』

みたいなところをやって、終演。。。

欲を言えば、あっさりやって演奏しきってしまうのではなく、

4小節目に“フェルマータ”くらいの伸びがあって、印象的なアンコールにしても良かったんじゃないかな?と感じました。


今回の演奏会、かなり楽しかった。

アタイが演奏している時間がどうの!ってことではなくて、
『楽しさの質』が良かった。


やっぱ、ギリビッツォ最高ッス☆







あ、ちゃんと、受付とか、テーブルとか、(ほったらかさずに)片付けて帰りましたよ。



しかも、今回受付のお手伝いに来てくれていたのは、

『関西大学 交響楽団の現役生』で、その一人が、トロンボーン吹きということがわかって、
ちゃんと、連絡先をGetしました。※ナンパではありません!!


アタイの中での『関大トロンボーンパート』って、昔から『外交下手』なイメージがあって、
アンサンブルの企画にお誘いはするけど、あまり来てくれた試しがありません。

今の現役生はどうでしょうか??


楽しみがまた一つふえました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ティルの感想≪後編≫ 日本酒大好き!クラシック音楽大好き!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる