日本酒大好き!クラシック音楽大好き!

アクセスカウンタ

zoom RSS 『オーケストラ・アンサンブル・フォルツァ』2006.5.21

<<   作成日時 : 2006/05/22 23:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

いよいよ本番。

演奏会の内容はコレ!↓↓↓
●日時● 2006年5月21日(日)
       [入場料:1,000円(全席自由)]
       13時半開場 14時開演
●場所● 八尾プリズムホール
●曲目● H.ベルリオーズ 『幻想交響曲』
      M.ラベル 『ラ・ヴァルス』

その前に、少し本番の日を振り返る。。。

朝起きたのは7:30頃。
10:00頃にホールへ行けばよいかと言う気持ちがあったので、遅くても9時頃出発か?!と思っていたが、早く準備が出来たので、8:30頃出発。

毎回の事だが、八尾プリズムホールって、行くのに(道を)迷う。。。
今回は、地図を念入りにチェックして行った。
 ※ホンマはそんなにややこしい事もないけど、何でか毎回道を間違える。

ホールに到着したのは9:20頃。念入りにチェックした甲斐があって、メチャメチャ早く着いた。
ゲネプロが始まるまでの間、舞台セッティングがまだだったので、ロビーで本日の演奏会プログラムをチェック!プログラムよりも、フォルツァ団員募集!の紙が面白くて読み入ってしまった。(誰が書いたんやろ?)φ(`д´)カキカキ

画像ゲネプロ
≪幻想交響曲≫
4,5楽章は、あっさり流しただけって感じだった。
アップも出来ていない状態だったので、丁度良かったが、もう少し長い時間合わせたかった。
※アップ代わりにしたかった。。。

≪ラ・バルス≫
通す事はなかったが、要所・要所の確認をキッチリ行う。

指揮者I氏の

『練習番号54番過ぎて、あ〜あと(この曲も)半分や!と思わず、この難曲ともあと数分でお別れですので、別れを惜しみましょう』

と言うセリフが印象的。

それほど、難しい曲だと思うし、演奏者だけでなく指揮者の解釈の難解さは極限ではなかっただろうか。。。演奏者も良くココまで練習した。。。指揮者も良くココまで引っ張ってきた。。。
と言う気持ちを代弁するかのようなセリフだ。
アタイが知る限り、この曲は(Tubaパート譜)難易度で言うと結構上位に来ると思う。


お昼ご飯は『幻想』の1,2,3楽章をやっている間に、お弁当を買いに行って食べた。
前記事参照。2nd Tuba のY野クンと一緒に食べたが、
『循環呼吸』に関しての話題、曲に関しての話題で盛り上がった。

※余談。。。
みんなアタイの循環呼吸見て『何でそんなんできんの?』と言うけど、アタイは中学生の頃から出来たよ。循環呼吸の原理は、簡単に言えば「口から 息を吐きながら鼻から息を吸う」ってことやけど、厳密に言えば違う!
口から息を吐いてて苦しくなったら口に空気をためて、口の力だけで出す。その間に鼻から息を吸って口にためる。←これの繰り返し。簡単!簡単!!ちょいと練習すれば出来るから!スッゴク長い吹き延ばしや、明らかにブレスが足りない時なんかにはかなり便利!
ちなみにアタイは、10分以上音を途切らずに音を出し続ける事が出来る。
(以上余談)


本番

開演5分前のベルが鳴って、お客さんもちらほら着席した頃、下手花道に金管チームが整列。
何やんのかな━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!
『本ベル』の代わりに『金管ファンファーレ』が演奏された。
なかなか面白い趣向だよね。 演奏開演までの時間にロビーコンサートとかしてる楽団もあるけど、本ベルファンファーレは格好良かったよ。※アタイは降り番。
金管ファンファーレって楽しいよね。アタイも、ギリビでやったファンファーレは楽しかったし。

でも、ファンファーレって、オーケストラ吹く時の音色と違うから難しい部分もある。
まぁ、細かい事は気にしないで、シンプルに格好良いファンファーレだった。

≪ラ・バルス≫
オーケストラの音圧が凄まじかった。
指揮者だけでなく演奏者の『集中力』がみなぎる演奏だった。
その集中が少し緩みかけた時に冷や汗をかいたが、大事故につながらなくて良かった。
※繋がらなかったのが逆に凄い。

少々の指揮の振り間違い、若干の音外し、そんな事はどうでもイイ。

『ラ・バルス』を見事に『演奏』したという実感があった。

最後のクライマックスは、今までの練習にはないほど良いまとまりだった。
崩壊する事もなく、でも盛り上がってテンポアップ。
今までで一番良かった。

指揮者I氏へ。。。
『おめ〜すげ〜よ。あっぱれ!』


演奏が終了して『ブラボー』と言いたい所だったが、アタイは舞台に乗っていたので言えなかった。


≪幻想交響曲≫
1,2,3楽章はメッチャ眠かった。と言うよりか・・・、

寝た! 何回コックリ・コックリなった事か・・・。_| ̄|○ ゴメン

3楽章と4楽章の間にチューニングがあって、少し音が出せたから良かったけど、数十分休んでて、いきなり吹くのって音外れそうで怖いんだよねぇ〜。 (゚Д゚#)ブリッ!

4楽章は練習通り、少し引きずり気味のテンポ、大音量の中の余裕。
結構上手くいって良かったね。

5楽章もおどろおどろしい感じが良く出てたよ。
鐘の音が(かなり)大きくて、指揮者が抑えても抑えても大きくて、しまいには諦めてしまった。
じゃ、一緒に吹いてるアタイ等の音量はどうしたらいいのか分からなくなって、少し大きめに吹いてみた。特に問題なかったから、少し大きめで、循環呼吸炸裂した。

クライマックスへの持って行き方は、練習通りだった。
でも、練習通り過ぎて、もう少し思い切りがあっても良かったかな・・・?と言う印象。
 ※別にバテタわけではないけど、イキ所を逃したような。。。

大きな事故もなく、 今回の『幻想』はコウ!っていうのを、
聴かせられたかなと思う。

ブラボーも出てホンマ良かったよ。

演奏会終了後、H嬢が

H 嬢『やっぱ、アンタおもろいなぁ〜。』
アタイ『どういう意味?エ━(゚д゚;)━!!』
H 嬢『いや、ガッとくる時にああいう吹き方するTuba吹きを久し振りに見たよ』
   『以前は一緒にやってきて気付かなかったけど、やっぱおもろいわ!』
    イイ━(゚∀゚)━! (≧∇≦)b


だってさ。よぅわからんかったけど、とりあえず褒めてくれてるみたいなので、嬉しい・・・(?)かな?

みんなお疲れさま、聴きに来てくれた知り合いの人もありがとう!!

では。↓↓↓↓クリック!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
お疲れさまでした!&どうもありがとう!
ラヴァルスのぼぼぼぼぼぼ!は本番マジでびっくりしました!!!
思わず体が前のめりになりましたよ!
でも僕は幻想はアシでほとんど関わってなく、ラヴァルスにかけてたので、あそこまで持っていけて良かったよ。本当に凄い曲でした。。
kenken
2006/05/24 00:22
>kenken コメントありがとう。
あ〜、レイの所ね。。。思わずかましてしまいました。(予定通りv( ̄Д ̄)v)
現在、この記事のカウントが54HIT。
もっとたくさんの人に見に来てもらって、感想とか聞きたいッスなぁ〜。
NAN
2006/05/25 11:19
どうも、先週はお疲れ様でした!
ラ・ヴァルスはゲネで聴いてましたが、エネルギーが凝縮されたこの曲の感じがすごい出てたので、本番お客さんが少なかったことが残念でしたね。
幻想は2ndとしても大きな事故もなく終わってほっと一安心て感じでした。
循環呼吸、早速次のロメジュリでも"U"の所で大活躍ですね!僕も練習しときます(笑)
2nd Tubaでっす
2006/05/27 23:13
お疲れ様でした。ありがとうね^^
ほめられちゃったので(喜)
次以降がめっちゃプレッシャーですが、またがんばりますわ〜。
今回一番嬉しかったのは、演奏後に団員・エキストラを問わず
たくさんの人に「楽しかった」と言ってもらえたこと。
団内指揮者至福のひと時でしたわ^^
また、アホな曲やると思うので今後ともよろしく!
としあき
2006/05/28 12:16
>2ndTuba奏者クン コメントありがとう。
そうだね。幻想も良かったけど滅多に聴けないラ・バルスの時にお客さん少なかったのはチョッピリ残念だったよ。エエ演奏やってんけどなぁ〜。循環呼吸練習のコツは・・・、ムキになって吹かない事ですので、練習は暇な時にどうぞ。。。

>としあきサン コメントありがとう。
ホンマお疲れさまでした。指揮者は技術じゃなく『人』だと思います。としあきサンだからこそみんなをリード出来たと思うし、みんなもよく練習しました。
※決して技術が足りないと言う事ではないッスよ。
 ココん所でイラン誤解は無しね。(^_-)
また、としあきサンの指揮でおもろいのやりたいッスわ!選曲頑張ってください。(^_^)v
NAN
2006/05/29 22:14
まいど。
先日はおつかれっした。ごめんね、意味のわからない褒め方して。おほほ。なんしか、イイってことよ〜。
ほんま、ラ・ヴァルス楽しかった〜!!私自身、かなり好きな曲だったので、練習、本番を通して楽しめたことはホント幸せでした。ありがとう>みんな&としあき氏 
私の反省としては、最近、私は守りに入っててオモロイ演奏してないな〜と感じたので、これからはオモロイ演奏にも心がけようと思う。NANのおかげで忘れてたアツイものを思い出しましたとさ。またオモロイことするときは寄せてや〜
H嬢
2006/05/30 01:18
>H嬢 コメントありがとう。
アタイの演奏に人の心を動かす力がある事が分かって嬉しいよ。でも、あくまで「オモロイ」ありきではなく『Surprise』が重要なんですけど・・・。
NAN
2006/06/01 23:03

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
『オーケストラ・アンサンブル・フォルツァ』2006.5.21 日本酒大好き!クラシック音楽大好き!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる