日本酒大好き!クラシック音楽大好き!

アクセスカウンタ

zoom RSS 八重垣「無」平成11年??

<<   作成日時 : 2005/09/27 11:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

画像
先日、酒屋さんで、
「冷蔵庫の中を整理していたら、えらい古い酒が出てきたわ!」と、この酒が出てきた。

八重垣「無」

日付は。。。?? 「11.11」 。。。?何これ??
「平成11年11月」瓶詰って意味らしい。う〜〜ん。もうすぐ「6年古酒」になるところの酒か!
興味があったので頂いた。と言うのも、最近百貨店でもよく見かける様になった

八重垣「無」

は、シリーズになって販売されている様だ。
「黒乃無」 「青乃無」 「赤乃無」 「黄乃無」 とある様だ。

今回出てきたのは、そんなシリーズ化する前の「青乃無」だと思われる。


<味わい>
・しっかり低温管理されていた為か、「古酒になりきっていない感じ」をうける。
・まろやかさ、熟成香、、、これはこれでイケる?!
・純米吟醸と書かれているが、精米歩合50%とあるのでスペックは「大吟醸」に近い。
・アルコール度数も、16%台で味わい深い。



しっかりしたお酒は、管理をしっかりする事で、傷まないものだなぁ〜と改めて感心した。
日本酒には「賞味期限」は存在しないのか??と言う事を、よく考えるけど、

・美味しくなれば「熟成」
・不味くなれば「劣化」


すごくあいまいだ。

「お酒の賞味期間について」。。。誰か詳しく教えてくれ〜!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
・美味しくなれば「熟成」
・不味くなれば「劣化」
言い得て妙ですねぇ、座布団一枚差し上げます!
法律的な「賞味期限」は存在しないし、管理上も期限が問題になることはないみたい → 俺ちゃんの結論は「博打の世界」じゃろ
ものすごいうまい酒に化けるかも知れないという期待を持って行う儀式。但し、保管中に我慢できずに飲んじゃうから、俺ちゃんは参加せず・・・
ロング
2005/09/27 12:35
確かに賞味期限というものは無いと思いますが・・・管理が悪いと直ぐに黄色っぽくなってしまいますね。酒屋によっては、常温で棚に並べているところも多いので。これを蔵が引き取って活性炭濾過して再販売するそうで・・・。ちなみに低温で管理された吟醸酒クラスのお酒では、角が取れてまろやかになりますね。これは、ひやおろしとか、荒走りなど、出来上がったばかりのお酒を1年置くと良く判ると思うのですが、香りが高くて丸みがあって美味しいです。自宅では、我慢しきれずに飲んでしまいますが・・・こういうのを酒屋で見つけたら面白いと思います。ちなみに冷蔵庫が完備されている酒屋で2年落ちの腐った生酒も買ったことがありましたので御注意を。その時は、純吟生を大吟醸と交換してもらいましたが(笑)
とし
2005/09/27 13:02
>ロング様 座布団いただきました。
ありがとうございます。
良く酒屋さんが言っているのは、
「同じ酒(同じ商品)でも、一本一本熟成が違うから、これは美味しい、これはアカン」っていうのがあるらしいです。
美味しくなるのが、博打というのは、、、酒屋さんって、本当はすごく厳しい職業なんでしょうね。


>とし様
冷蔵庫で管理していたのにも関わらず、濁ってしまったお酒というのがあると、酒屋さんから聞いたことがあります。
しかもその酒は「火入れ」商品だったにも関わらず濁ったらしく、酒屋さんはえらく憤慨されていたのを覚えています。。。確か銘柄は奈良の「往■」だったと記憶しています。そんなの聞くと、買いづらくなりますよね。
その酒屋さんは、そこの蔵元さんとは、お取引を止められたそうです。
どこの業界もそうですが、メーカーは品質第一ですからね!
NAN
2005/09/27 23:27
俗に言う火落ちですね。火入れで出るなんて珍しいですね。何のための火入れだか。。。それも「●馬」ということで。全国的にも人気銘柄で色々頑張っている蔵元なだけに残念ですね。醸造酒の場合は、品質に特に気を使うでしょうね。世間的にはワインやウイスキーの印象から寝かせた酒は美味しいなんて思っている人も多いかと思いますが、酒屋さんと話すと封を開けたら1週間以内に飲める量を買われるのが無難だそうで。酸化した酒は、どんなにしっかり作っても品質劣化は避けられませんから。ちなみにビールは同じ醸造酒でも賞味期限がしっかりとありますよね。

追伸:私が経験したのは、徳島の「芳■」という銘柄でした。ここは手ごろな価格で美味しい酒を造る良い蔵元です。
とし
2005/09/28 12:36
>とし様
そうそう、「火落ち」ですね。瓶の底にモワーっと霞がかかる様になるあれです。
『■水』でもあったとは。。。

あんまり書きすぎると、悪口掲示板みたいになりそうなのでこれ以上書きませんが、せっかく美味しい日本酒。品質管理だけでなく、蔵元の品質に対する『姿勢』が大事なんだと思います。
今日も、美味しいお酒を飲みたいと思います。
NAN
2005/09/30 17:56
ははは、当ててきましたね流石です。分かりました。そろそろやめましょう。来週火曜日は、梅田のホテル阪急で吟醸酒会がありますよ。
コレだけは、毎年行ってます。斗瓶囲いとか飲み放題でお土産付き4500円。かなりお得です。(参考)http://members.jcom.home.ne.jp/n-ginjo/
とし
2005/10/01 08:38
うぉ〜!行きてぇ〜!でも、アタイ仕事です。。。
お土産の「750ml」のお酒って?どんな瓶に入っているのでしょう??ワイン瓶か?それとも、720mlの瓶に少しサービスで入っているのか??

とても気になります。

報告期待してます。
NAN
2005/10/03 13:28

コメントする help

ニックネーム
本 文
八重垣「無」平成11年?? 日本酒大好き!クラシック音楽大好き!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる