日本酒大好き!クラシック音楽大好き!

アクセスカウンタ

zoom RSS 「私の嫌いな指揮者」について

<<   作成日時 : 2005/08/25 00:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

私の嫌いな指揮者」について
指揮者って結構難しい。
特に学生指揮者って「たいへんだなぁ〜」って思う。

たくさん曲を勉強しないといけないし、各楽器の特徴や奏法的な事も指示しないといけないし、何より、自分のやっている楽器のパート以外に、たくさんの楽器が混ざり合った音を、客観的に聞いて、バランスを創造するなんて、本当にたいへんな役所だ。


指揮者に必要な事は
・明確さ
・的確さ
そして
・吸引力


<明確さ><的確さ>

各楽器の奏法や音色を「具体的に」「分かりやすく」「ピンpointで」指示出来ないと、
良い指揮者とは言えない。

いくら抽象的で、想像力豊かな指揮者でも、自分のイメージを明確に、
的確に伝える事が出来なければ、只の「空想家」??「ロマンチスト」止まりだ。

そして<吸引力>
仮に、player個人個人ががメチャメチャ上手くて、何にも指示する事がなかったらどうだろう。。。各々が好き勝手に演奏してしまうかも知れない。
それを防ぐ為にも、playerを指揮者に引き寄せる「吸引力」が必要になってくる。

ex)指揮者が「ガチョーン」の様な指揮をすれば、オーケストラ(もしくはバンド)全体が鷲掴みにされるくらい引っ張られる!
みたいな。。。


偉大な指揮者は、
「目」で吸引してくるから。。。

アタイは、田中一嘉氏や、現田茂夫氏、佐渡裕氏が結構好きだ。(ゴメン個人的に。。。)

実際に振ってもらった事ある指揮者でないと、
「本当の凄さ」は、わからないから・・・。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
NANさん、TBありがとうございます。

なんか、すごくわかるなぁ。
「目」ですよね。
それと「本当の凄さ」。
指揮者なら実際に振ってもらわないとわからない、絵なら実際に見ないとわからない。
お芝居も、音楽も、生でないとわからないことってあります。伝わらないっていうのかしら。
「本当」「本物」に触れることが、一番いいんですよね。
魂が揺さぶられたり、鷲摑みにされたり。
大事な経験だなぁ。(今、凄くNANさんを羨んでいたりする(笑))
Alice
2005/08/25 08:29
ごめんなさいね。
微妙に文字が・・・(T_T)
鷲掴み、こっちならどうだ?
Alice
2005/08/25 08:31
NANさん
トラバありがとうございます。
そんなすごい指揮者に振ってもらった経験はありませんが、同じバンドで同じ曲をやっても指揮者が代わると曲が劇的に変わると言うのはよく経験します。
吹奏楽ではコンマスがオケほど重要ではないからかも知れませんね。

うちのフリースペースに、このBlogのTopへのリンクを貼り付けておきました。
まっちゃん
2005/08/25 11:27
>Aliceさん
確かに、アタイは学生の頃から色々な演奏会に出張っていき、様々な指揮者の先生方に振っていただいた事があります。
今になって、それが宝であり、その他からは失われる事もなく、盗まれる事もなく、むしろ今も尚、光り輝いています。
そんな、学生時代に良い経験が出来た事を誇りに思う前に、アタイと一緒に同じ経験をしてくれた仲間、アタイの経験を許してくれた仲間、お互いに高め合った仲間に、本当に感謝しておりますよ。


>まっちゃん
リンクThanks!アタイもそろそろ「フリースペース」をいじらねば・・・、と考えております。
今後ともよろしくお願いします。

面白い演奏会情報や、楽器吹くイベントとかあったら教えて下さいね。
NAN
2005/08/25 23:25

コメントする help

ニックネーム
本 文
「私の嫌いな指揮者」について 日本酒大好き!クラシック音楽大好き!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる