日本酒大好き!クラシック音楽大好き!

アクセスカウンタ

zoom RSS 「ブラバンとオケ」について

<<   作成日時 : 2005/08/23 23:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

ブラバンとオケ」について
本当にブラバンとオーケストラの間には深くて広い溝があります。


本当に感じるのは、実際に演奏を一緒にさせていただく機会があった時。。。

普段は、オーケストラの金管楽器奏者として普通に吹いているつもりでも、

「あ〜、ブラバンってこうやって吹くんやったっけ?」と思うくらい

奏法に違いがあります。


それに、交流がない。


オーケストラの人達はオーケストラで、
ブラバンの人達はブラバンの人達で楽しくやりすぎ!固まりすぎ!


お互いの敵対意識に関しては、どうだか分からないけど、
お互いがお互いをどう思っているのか・・・?と考える時はあります。


<ブラバンにいた頃のアタイ>
・オーケストラなんか眠くなる様な曲ばっかりやん!
・弦楽器って一人ではほとんどなんにも出来へんやん!
  (集団でないと曲にならんやん!)
・曲が長くて聴いてられない。


なんて思っていて、全く良いことは思っていなかった。


でも今は、どちらにも優れている所があるので、もっと演奏の幅を広げる為にも
「オーケストラ」「ブラバン」どちらでも適応出来る演奏者になりたいと思うね。

<オーケストラでは>
・たった一人でも金管奏者達の土台となる、クラシックの重厚なTubaサウンドを奏でる
・トロンボーンとのコラールは、天から差した日差しの様に高貴で。
・音は長く、キッチリと吹く。

<ブラバンでは>
・全体的に音色は明るめで。
・リズミカルな伴奏と、テンポキープ!
・音の出だしはハッキリと吹いて、自然に響かせる様に抜く。


あ゛〜全く違う。。。むしろ??

金管アンサンブルなら、「オーケストラ」も「ブラバン」もなく

一緒に楽しく演奏出来る。。。はず。。。。

みんなでアンサンブルしよう!楽しいアンサンブルしよう!

そうだ!それがいい!!

アンサンブルしながらお互いの奏法や技術を高め合って、

演奏技術を近付けていけば良いんちゃう??

アンサンブルして遊びて〜な〜!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
NANさんが燃えてる♪(ぉぃ)
アンサンブルかぁ〜。
じゃなくて、お久しぶりです。ちょっとネットのヒッキーやってました。
アンサンブルって、いいですよね。
音楽に限らず、人間関係も「バランス」だけじゃなくて「アンサンブル」なんだなぁ。って、ここで気づかせてもらいました。
そして、やっぱり生で音楽を聴きたいなぁ、なこの頃でございます。
もう少し涼しくなってからでもいいけど(笑)
Alice
2005/08/24 10:07
>Aliceさん お久しぶりです。
いやぁ〜、アタイもなかなか更新出来ずにモヤモヤしていました。
「オーケストラ」と「ブラバン」の確執って、
楽器奏者としては、永遠の課題なのかも知れません。お互いがお互いを分かり合えれば簡単なのですが、、、、
難しいモンですね。人間関係も一緒でしょうか??
NAN
2005/08/25 00:06
ええ、「バランス」だけでは足りないようです。
「アンサンブル」という切り口もないと、うまくいきませんねぇ。。。

「オケ」と「ブラバン」って、守備範囲が微妙に違うから、専門意識がでてしまうのかもしれませんね。
意地っ張りも多いと見ましたが?(^^)
Alice
2005/08/25 08:36
確かに!
何でも「勝ち&負け」「上級&下級」「優&劣」
「High&Low」そして、自分が一番カッコエエ!と思っている人が多いのかも知れないですね。

アタイは、演奏会でもそうですが、
オケ全体の評価をしてもらうより、
アタイのパート(トロンボーン&Tuba)が上手くてかっこよければ良し!と言う風に思う時もあります。
NAN
2005/08/25 23:18
お久しぶりです〜♪

なるほど〜、確かにこの2つには壁を感じる時がありますね。
私は両方好きなので寂しい時もあります。
オケの管楽器奏者はたいがい吹奏楽を経験してきているのであまり変な意識が無い人も多いですが、吹奏楽しか経験していない人にはコンプレックスがあったりするのでしょうか。
(私の経験上の話ですが)

でも、吹奏楽って何だかんだで「オケアレンジ曲」が幅を利かせている不思議な世界ですよね(笑)
ぽぽろんろん
2005/08/28 01:06
>ぽぽろんろん さん お久しぶりです!

確かにブラバンって「オケアレンジ」多いですよね。ブラバンにいた頃のアタイは、オケアレンジ曲なのかブラバンオリジナル曲なのか全く分からないで演奏している時もありました。

「オケでやるよりブラバンでやった方がカッコイイ曲」
も、実際はあると思いますが、
「オケだからこそカッコイイ曲」も多いですよね。

そう考えると、
どちらも演奏経験のある「オケの管」の人達は
どちらのおいしさも分かると言う事で、
とっても「役得」なのでは??

やった〜!
NAN
2005/08/28 21:10
そうですね、両方経験してるとそれぞれに満足や不満があったりします。
オケ曲を吹奏楽にアレンジすると『なんでこの調にするの!』とかC管やD管を使うと微妙に音色が合わなかったり。
逆にオケの管楽器では乗り番と降り番があってメンバー全員がステージに上がれないことがあったりします。吹奏楽では編成への自由度が大きいです(自由すぎるのかも・・・)のでメンバー全員をステージに上げたりします。
まっちゃん
2005/08/29 11:33
>まっちゃん・・・最後のコメント
「メンバー全員をステージに上げたりします」

このコメント、深〜く考えてみると、
「練習してる人、してない人」
「上手い人、下手な人」
に関わらず、舞台に乗ってしまう・・・と言うことですからね。

ブラバンは、同じ楽器が何人もいるからややこしいときがあるのも事実だと思います。
NAN
2005/08/30 10:00

コメントする help

ニックネーム
本 文
「ブラバンとオケ」について 日本酒大好き!クラシック音楽大好き!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる