日本酒大好き!クラシック音楽大好き!

アクセスカウンタ

zoom RSS 演奏会の報告

<<   作成日時 : 2005/05/30 13:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 3

先日、5月28日(土)に、大阪市立大学交響楽団ジューンコンサート2005が行われた。

アタイはエキストラとして参加したのだが、今年は2月から続いている「毎月演奏会ロード」の最後を締めくくる演奏会となった。(今の所、次回演奏会出演予定はない)


昼、13:00に、八尾プリズムホール到着。
今回は、「シベリウス交響曲第2番」だが、この曲をやるのは・・・、2回目。

しかし、前回の演奏会についてはほとんど記憶が無く、全然練習しないまま本番を迎え、必死に楽譜にかじり付いた演奏会だった記憶がある。


今回の本番の日の為に、前日練習(5月28日のブログ参照)もしっかりやったが、もっと曲を勉強する為に行ったことがある。

   ・スコアの作成
      製本は嫁さんがしてくれたが、スコアと共に曲の構成を勉強することが出来た。

   ・とにかくCDを聴きまくる
      先日の北九州出張では、レンタカーの中でCDを聴きまくった。
      一日5〜6回はリピートで聴き、3日間の出張で16〜17回は聴いた。

シベリウスが頭の中にしっかり入った状態で演奏会本番を迎えることが出来た。


ゲネプロは、演奏会逆順。


シベ2

要所の確認、注意事項の確認を行い、一通り通した。少しタイミングが合わない所もあったが、本番では、コンマスに注目して演奏すれば、問題ない程度だった。


ベートーベン8番

降り番。アタイは、前日練習から結構吹いているので、丸々休憩させてもらった。と言うかよく寝れた。


ヘンゼルとグレーテル

こちらも、要所確認と注意事項確認を行い、一通り通す。


大阪市立大学の演奏会ゲネプロって、あっさり終わるので好き。
何度も何度も、うだうだやらせる楽団もあるが、
「本番前やっちゅ〜ねん!バテるやん!」と思う時もある。

いざ本番。。。


ヘンゼルとグレーテル

指揮者の気合いも入っていて(髪型も)、気合いのこもった演奏だった。
ホルンのバランスや、トランペットの吹きこなしもなかなかだったと思う。
オープニングに相応しく、勢いがあった。



ベートーベン交響曲第8番

この曲は、アタイは降り番だったが、舞台袖でゆっくり聴くことが出来た。
蔵野指揮者の気合いもあり、とても良くまとまっていた様に思う。
この曲に関しては、アタイはほとんど知識がないのでコメントは省略。


シベリウス交響曲第2番

出だしの弦楽器。重厚感と迫力、、、、正直、鳥肌が立ちました。本当に力強く、若々しさも出しながら、曲を進める蔵野指揮者。蔵野指揮者の棒はとても判りやすく、練習量に差があるエキストラでもバッチリ合わせやすい指揮。1楽章から2楽章に掛けては、今まで練習してきたTuttiの中で一番良い演奏だった様に感じた。3楽章も、情景表現が良く出来たし、4楽章もとても力強く、若々しく、そして、推進力がありました。

本当は、
「シベリウスは、吹きすぎてしまうとチャイコフスキーになってしまうから注意が必要」
と言うことは、充分判っていたのですが・・・、


やりました。


はい、ぶっちゃけ、吹きまくりました。


あれだけ気持ちよく、そして思い切り吹いたのは、久しぶりです。


打ち上げでも、話が出ましたが、「吹きすぎ!」の意見なんて、聞く耳持ちません。

だってアタイとしては、

「もっと吹く事も出来たで!!」と思うからです。


「シベリウスは、吹きすぎると〜〜」という気持ちが少なからずあったことで、

音も外さず、思い切り吹く事が出来たのかも知れません。


本番の録音を聴くのが楽しみです。

↑↑
こんな風に思う演奏会も久しぶりだなぁ〜。



所で、甲南大学の方の演奏会はどうだったのかしら??

誰か、アタイくらい長々と報告して〜〜!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【感想】大阪市立大学交響楽団 ジューンコンサート2005
2005年5月28日(土) 19:00 八尾プリズムホール フンパーディンク: ...続きを見る
アマオケ大好き、クラシック音楽大好き
2005/06/01 05:43

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
演奏会お疲れ様でした。
シベ2に関してはその他諸々の間違いは差し置いて
私も吹ききった満足感がまだ尾を引いています。
だから逆に怖くて録音聞いてません。
あ、なんか多分CDに出来るんですけど、
MDよりCDの方がいいですよね?
もう少し時間はかかりますが、お届けします。
アンケートに、シベ2の4楽章の金管は、
“イングランドを戦車で蹂躙するロシアの軍隊”
のようだったと書かれたものがありました。
ちらっと録音を聞いたとき、的確な表現だなと
思わず笑ってしまいました。
また、録音聞いてから感想聞かせて下さい。
今回も、一緒に吹いてくださって
ありがとうございました!
めでゅ
2005/06/02 23:53
>めでゅ
“イングランドを戦車で蹂躙するロシアの軍隊”
と言う表現は、褒め言葉だよ。(アタイの解釈)

アンケートにそんな感想を書いてもらえるなんて、
本当に良かったね。

次の演奏会も頑張れ!!

NAN
2005/06/03 23:57
そうですよね!!(笑)
今回のアンケートには金管へのダメ出しが余り
なかったので、ちょっとホッとしてます(笑)

次のラコッツィ〜は、あの早いパッセージになると
二の腕が揺れてヤヴァイです...
めでゅ
2005/06/04 01:10

コメントする help

ニックネーム
本 文
演奏会の報告 日本酒大好き!クラシック音楽大好き!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる